In the Style of Stochelo Rosenberg

Wawau Adlerに続く教則DVDシリーズ。今回は大物のStochelo Rosenbergの登場です。
失礼ながら英語がこんなに喋れるとは思いませんでした。全編英語で説明してくれています。とはいえ、彼もネイティブではないので難しい事は言っておらず、逆に日本人には分かりやすく感じます。
このDVDは大きく前編、中編、後編に分かれており、前編はDenis Changをリズムに従え、通常のスピード、ゆっくりのスピードとそれぞれテンポを変えた35曲のStocheloのアドリブソロを披露。出来る、出来ないは別として彼のソロに的を絞ったモノは他にはないのでかなり貴重な映像。
中編は彼のリズムスタイルを中心に、ワルツやボッサ、ボレロなどローゼンバーグトリオでもよく演奏されるリズムスタイルをFor Sephoraなど具体的な曲と共に解説、更にはビブラトーンやピッキングなどのテクニックなど今まで聞きたくても聞けなかったテクニックの数々を惜しげもなく披露しています。
また、後編は彼の良く使うフレーズとエンディングのパターン集。スローテンポでも説明してくれ、気になる右手のピックングもちゃんと分かります。
このDVDの総プレイ時間は3時間ですが、まるで3時間のStocheloのワークショップに参加しているかのような教則DVD。一気に見ると大変です。それくらい盛りだくさんの内容。これはファン以外も必携の一枚です。
¥5,980 税込
※NTSC方式ですので、家庭用プレイヤーで再生出来ます

クリックすると拡大します

<収録曲>
1. Swing Gitane
2. Twelfth Year
3. Enter Amis
4. R-vingt Six
5. Melodie Au Grespuscule
6. I Wonder Where My Baby is Tonight
7. La Gitane
8. China Boy
9. Honeysuckle Rose
10. Impromptu
11. Suite Yugoslav


Gypsy Waltzesはこちら