Eastman AR-810CE 2003年製 Hold

削り出しトップ&バックというアーチトップの高級スペックでローコストを実現し、一大センセーショナルを呼んだブランドEastman。もともとバイオリンやチェロ、コントラバスを生産するメーカーであっただけに、アーチトップギターの完成度も高く、特にこのAR-810は当時最もコストパフォーマンスの高いモデルとして人気のあったものです。生音の鳴りも現代のビルダー物のごとくクリアで音量も豊か、ピックアップは日本国内専用にハンドメイドで作られた日本製ハムバッカーを搭載し、アンプリファイズした時の音も文句なし。材も木目も美しいモノをチョイスした見た目にも高級感があり、まさに死角のない一本としてジャズ入門用からプロユースまで幅広いレベルにオススメ出来るギターです。
細かい傷や打痕などありますが割れや大きな傷など致命的ダメージもなく、店頭に出すにあたり当店にてフレットの交換、ネック及びトラスロッドの調整を行い、現在ネックはストレート。安心してお使いいただけるように調整済みです。
15年弾き込まれたEastmanの削り出しボディのクリアでパワフルなサウンドを是非ご堪能ください。

※Eastmanの超初期の頃のモデルのため内部ラベルはありませんが、このギターはかつて新品時に当店で販売したもので、販売記録から年式を特定しています。

高解像度写真はこちら

クリックすると拡大します。