Gibson CF-100 1950-51年製 Hold

LGと共通のコンパクトな14インチボディにポインテッドカッタウェイを載せた異色のモデルCF-100。フロントにピックアップを搭載したCF-100Eというモデルもありますが、こちらは純然たるアコースティックモデルです。50年代のギブソン製フラットトップは小ぶりでもよく鳴っています。
ネックを細くし、オリジナルの太いシェイプから非常に現代的なネックに成型し直し、そしてそれに伴い塗装もやり直しています。非常に握りやすく運指しやすい塗装です。
また、ペグ、ピックガードをそれぞれ交換済み(オリジナルピックガードは残っています)、ピックアップはOvalがインストールされ、マグネットPUとミックスできるようにインプットジャックが増設されライブでの使い勝手を向上させた改造が施されています。
トップには割れのように見える筋がありますが、表面の塗装割れのようです。サウンドホールにはピックによる傷や塗装はがれがあります。
ネックはストレート、フレットや指板の減りも少なく、トラスロッドも機能しており、サドルの山もまだ十分あります。
以上色々と手を加えられているギターで、決して完璧なコレクターズコンディションではありませんが、しっかりとメンテされ鳴りも50年代らしいパワフルな鳴りが堪能できます。お値段はかなりお買い得な価格になっておりますので、状態気にせずに使い倒していただける方へ。

高解像度写真はこちら

クリックすると拡大します。