DeArmond Rhythm Chief 1000 1950年代後半製 Hold

仕様から推測すると1950年代前半製と思われます。コントロール部の取り付けステーは若干ヤレていますが、ピックアップ本体のメッキの状態も良くコンディションは上々。ケーブルは当店にて状態の良いDeArmond純正ケーブルに交換致しました。このケーブルが硬化しているものが多く、そのまま使っているとショートの恐れもあり気持ちの良いものではありません。
FHCと比べ、より洗練されたすっきりとした現代的なサウンドが特徴的です。FHCと比べると年々コンディションの良いものが出なくなってきました。ビンテージのL-5やダキスト、ディアンジェリコなど高級アーチトップにはなくてはならないアイテムの一つです。
当店専用のケーブル(Belden 9252 x5m)付き。
お考えの方はお早めにどうぞ。

高解像度写真はこちら

クリックすると拡大します。