Gibson ES-175N 1954年製 ¥ASK

丸みを帯びた幅の狭いP-90ピックアップを搭載した、初期の頃の175の仕様を色濃く残した50年代前半のブロンド175が入荷いたしました。
1949年にリリースされ、PAFピックアップにモデルチェンジするまでに生産されたブロンド1PU仕様はわずかに900本あまり。そのうち1954年製は141本と、この年に作られた約600本のサンバーストモデルに比べてもはるかに少なく、また市場に出てくる数も年々少なくなって来ています。
全体的にウェザーチェックが入っています。ネック裏の塗装剥がれやヘッドストックの小さな欠け、ボディサイドにはケースに収納するときに出来たものと思われる傷などなど、決してピカピカではありませんが程よく全体的にヤレており、でもまだまだボディの輝きは失っていないビンテージ感ムンムンの一本です。
ペグは1960年代のGibson純正Klusonに、また、Vol&Toneノブも最近のものにそれぞれ交換されています。フレット、ナット、テールピースやPUを含めた電装パーツはもちろんオリジナルです。
ボディは非常に軽く、生音の鳴りも十分あります。もちろんエレクトリックサウンドもこってりパワフルな初期型P-90ならではの特性が十分堪能できます。
今後高騰必至のレアな一本、程よく飴色に焼けたブロンドモデルを入手出来るチャンスです。

高解像度写真はこちら

クリックすると拡大します。