Jean Barault Oval Brazilian Custom 2018年製 Hold

日本はもとより、ヨーロッパや北米でも人気のフランス人ビルダーJean Barault(ジャン・バロー)氏。2018年のチャボロ・シュミット来日公演の時にも肌身離さず使用していたのでご存知の方も多いかと思います。ここ最近の製作するマカフェリタイプのギターのほとんどが有名ミュージシャンの手に渡るため、なかなか店頭に並ぶことのない超入手困難なブランドです。
また、ハカランダ材を使って組み上げるギターは非常に限られており、当店では2018年にこのギターが入荷したのを最後に新品での入荷はありません。その土の貴重な一本となるであろうプレミアムなギターです。
そんなプレミアムな材を使用したギターにふさわしく、抱えた時の軽さとピッキングした時の深い生鳴りは、弾いた瞬間にオリジナルセルマーや初代ディ・マウロを彷彿とさせ、現代の名機Dupont VRBの強く弾いた時のパワフルな鳴りとは全く違う、オリジナルセルマーの持つ軽やかさで深い鳴りを目指しました。音作りに対するシンプルなポリシーをひしひしと感じる一本。
当店のオリジナルマカフェリモデルも彼のギター作りに対する考え方や細かい仕様などを大いに参考にさせてもらっています。レプリカもついにビンテージセルマーに迫るクオリティい達した感じがします。
重量はわずか1.70kg。これはオリジナルセルマーとほぼ同じ重量かちょっと軽いです。最近のモデルでは当然ながら最軽量クラス。
わずかに弾き傷、うっすらとウェザーチェックなどありますが、全体的にはまだまだキレイです。というか、新品の時からピカピカではないのであまり中古感は感じられないかと思います。
ドーンとお腹に来る低域、パキーンと伸びのある高域に甘い中域が加わった極上サウンドをお楽しみください。

高解像度写真はこちら

クリックすると拡大します。