J.P. Favino Oval Custom 1991年製 Hold


1990年代に東京ホットクラブ所有のギターとしてJ.P. Favinoへカスタムオーダーされた数本のうちの一本です。
カスタム内容は、ブリッジにピエゾピックアップが内蔵され、ボディサイドにはそのコントローラーとしてプリアンプが取り付けられています。また、ボディに内蔵されたバッテリー交換をしやすくするためにサウンドホールが通常のオーバルホールよりも大きめです。ボディ厚は立っての演奏を向上させるためなのか、通常よりも約15mm薄いです。
フレットの減りもなくネックはストレートです。ボディには大きなダメージはなく比較的コンディションは良好。プリアンプのコントロールバネル表面に経年によるクラックがありますが、通常の使用には問題ないと思います。
J.P.Favino(Jean-Pierre Favino)は現在でも活躍を続けるルシアーですが、基本的にはオーダーメイドのみなので新品での入手は不可能に近く(出来上がりまで数年待てるなら別ですが)、中古でもほとんど出回ることのないブランドで、仮に出回ってもかなり高額で取引されているモノが多いので、この価格でFavinoが入手出来ることは今後そうないものと思われます。

高解像度写真はこちら

クリックすると拡大します。