Gibson L-3 1919年製 Hold


Fホールを持つアーチトップギター誕生前夜、13インチノコンパクトなボディを持つこのL-3はギブソンのギターのラインナップの中核を成すモデルでした。ちなみに当時の上位機種にはL-4があり、最上位にはStyle-0 Artsistあがりました。
トラスロッドを持たないこの当時のネックは今では考えられないくらい極太ネックです。ナット幅やスケールを気にされる方にはちょっとふむきな一本です。
バックのセンター付近に割れの修正跡があります。ピックガードは当時のオリジナルだと思われますが、収縮によるものなのか、指板側と接する部分に隙間があります。また、弦と引っ掛けるパーツはオリジナルではありません。
その他は100年以上経過しているギターの中ではかなりキレイなコンディションを保っています。フレット、ネックの状態も良好です。

高解像度写真はこちら

クリックすると拡大します。