Gibson L-5 1938年製 Hold

1920年代初頭にギブソンギターの最高峰としてデビューしたL-5は、オーケストラで管楽器などに負けない音量をというニーズのもと1935年に小振りな16インチボディから一回り大きな17インチボディへとモデルチェンジ。資料によるとモデルチェンジ当初はXブレイシングを持つトップで、1939年にパラレルブレイシングへと変更されたとありますが、こちらのギターはそれより一足先にパラレルブレイシングへと変更された極初期のモデルと思われます。この仕様が現代に通づるL-5の基本的な仕様になっており、多くのアーチトップギターのお手本となっている代表的機種。
このL-5をなくして現代のアーチトップギターは存在しなかったかもしれないという歴史的な機種でもあります。
トップには割れを数カ所リペアした跡があります。その他ピックガードを交換してありますが、ネックのコンディションも良く、また戦前ギブソンらしいパワフルでハリのあるサウンドは健在、プレイヤーズコンディションというにはもったいないレベルの一本ですが、今回はお買い得価格にて大放出!
戦前ギブソン17インチボディの最高峰をこの価格で堪能出来るチャンス!!

高解像度写真はこちら

クリックすると拡大します。