Weissenborn Style-2 1920年代製 ¥299,000 税込

1920年代から1930年代前半にかけ生産されたオリジナルワイゼンボーンは総数わずか5,000本とも言われ、生産開始から100年近く経過した現在、現存する個体数はかなり少ないと思われ、この日本はもちろん世界的に見ても市場に出回る数は極少数です。良いコンディションの物ともなると限りなくゼロに近い数でしょう。今回はそんなレアなオリジナルワイゼンボーンのStyle-2が入荷いたしました。詳しい年代は判別できませんが、塗装の色合いやクラックの入り方から、ラッカー塗装が採用される前のオイル・ヴァーニッシュ塗装時代のもので、まだWeissenbornがバイオリンやピアノ製作をしていた頃、本格的ににギターの生産を始める前のプリプロダクション時代だった1920年初頭に作られたかなり初期の頃の物と思われます。年式相応にオイル・ヴァーニッシュ特有の縮緬皺(ちりめんじわ)のような細かいウェザーチェックが全体的に入っています。トップのセンター継ぎ目の剥がれをリペアした形跡があります。その他エンドピンジャック用の穴が開けられ(現在は専用のエボニー製ストラップピンがインストールされています)サイドにもリペアしたと思われる形跡(判別しにくいですけど)が見受けられますが、現在使用に問題のある箇所はなく、完成から100年近く経っている楽器としてはかなり綺麗なコンディションを保っている方だと思います。ペグは最近のビンテージレプリカペグに交換済み、サウンドは言わずもがなのパワフルなビンテージワイゼンボーンサウンド。ここまでのレア物にもかかわらずかなりのお買い得価格ですが、現役選手としてまだまだ活躍できる一本です。

高解像度写真はこちら

クリックすると拡大します。